トピック このトピックの一覧を見る
TOPIC ごく基本的な初期設定について
Posted by 四苦八苦中
at 2016/04/15(金) 16:11
分類: 新規設置トラブル | AmigoDatabaseバージョン: ver9.85

四苦八苦しながらデータベースの設定をしております。
そもそもの考え方でつまづいてしまいましたので
お力を借りたく質問させていただきます。

私が管理者としてプログラム自体を管理し
名簿のようなものを作成して運用予定です。
基本的なデータ類は私がほぼ入力します。
そして、私が許可した数人だけがデータを閲覧することが可能であり
入力済みのデータの一部を編集できるような形で
運用したいと思っています。

この場合、そもそもの設定の「ユーザー」というのが
私が許可した数人という考え方で良いのでしょうか?
つまり「全データ(ユ)」がその許可された人で
個別の名簿データは「全データ(デ)」と考えて
必要な項目を設定すれば、私の意図している形になるのでしょうか?
うまく言えませんが、このデータベースには
1、データを入力することのできるユーザーのデータ一覧
2、ユーザーが登録する名簿のような細かな内容のデータ一覧
の2種類のデータが存在する、という考え方でよろしいのでしょうか?

もちろん、環境設定の「データ関連制限設定」と「管理者審査」には
全てチェックを入れておいて、他の人が勝手にユーザー登録したり
データを勝手に変更したりできないようにしようと思っています。

プログラム自体は設置できているようなので、
あとは一つ一つ理解しながら設定をしていけば・・・というところで
ユーザーという言葉の考え方が理解できずに困ってしまいました。

アドバイスよろしくお願いいたします。
 
Access: 1,220,079
 
ソーシャルブックマーク: Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク Livedoorクリップ @niftyクリップ FC2ブックマーク Buzzurl Delicious トピックイット newsing it!